「名器の平均値」はどんなカタチ? パターの“究極のシンプル”が見えてきた!【ZERO PUTTER#3】

楽天市場店で全品に使える最大10%OFFクーポン配布中!詳しくはこちらから↓

ゴルフポケットから2022年4月12日に発売された「MUQU ZERO PUTTER」。それは“究極のシンプル”を目指して、機械加工の匠、クラブデザイナー、プロゴルファーらがその能力と知恵を結集してつくった超精密機械加工削り出しパターだ。「ZERO」はいかにして生まれてきたのか、4週にわたってその制作背景をレポート。その第3回目は、いよいよ“ZERO”が姿を表す。

“名器の平均値”から生み出された形状とは?

パターの「究極のシンプル」を目指してはじまった“MUQU ZERO PUTTER”プロジェクト。それは、過去ブレードパターの名器中の名器と呼ばれるものを3Dスキャンして数値に置き換え、その平均値から1本のまったく新しいパターを導き出そうという計画だ。

3Dプリンタで出力されたそのモックアップ(模型)を見て、パター博士プロ・早川佳智は言った。

3Dプリンターで製作したモックアップ

「いい形状ですね! 私が選んだ名器には、角が丸い形状のものとその後誕生した角張った形状のものの両方がありましたが、両者の特徴がちょうど良くミックスされています」(早川)

実は、このプロジェクトでもっとも不安視されたのはこの点だった。ブレードパターの名器は早川の言うように丸みを帯びた形状と、角張った形状に二分される。それを“重ね合わせる”ことで、どっちつかずの中途半端なものになるのでは……? 実はそういった不安があったのだ。しかし、できあがった形状は、関係者の期待や想像を超えるものだった。

モックアップを作っては細かい点を修正する。その作業を徹底した

「サイズは大きすぎず、小さすぎず絶妙。見る人によっては丸みを帯びた形状に見え、別の人が見たら角張って見える。そんな絶妙な形状になっていますが、基本的にはスッキリしていてキレイ。“名器の平均値”というコンセプトそのものですし、細かいところを仕上げれば、『究極のシンプル』というテーマにふさわしいものができそうな予感がします」(早川)

そう、待っているのは仕上げの作業だ。

名器の平均を出す、それだけでは現代に通用するパターには実はならない。「ZERO PUTTER」のコンセプトをつくったクラブデザイナー・鈴木育生は言う。

形状に加え、名器を現代のスペックに置き換える作業も進められた

「たとえばロフトですが、名器たちの“平均値”は3.9度でしたが、これは最近のコンディションの良いグリーンでは寝過ぎといえるため、逆に最近のパターのおよそ中央値といえる3.5度に変更。さらに400グラム台だったクラブ重量は現代の基準では軽すぎ。これも現代的な重量に調整しました」(鈴木)

早川が所有する名器群は現代のパターに比べるとライ角がアップライトで、軽量で、ロフトが寝ている傾向があった。それらのスペックを、現代の基準に置き換えるようにスペック面を微調整。

これで形状とスペックは整った。最後に議論となったのが、サイトラインやフェースミーリングといった部分だ。

サイトラインなし。フェースミーリングなし。だからこそ味わえる「鉄の温もり」

サイトラインはトップブレードやフリンジ部分に入る線のこと。1本のものもあれば、2本、3本のものもある。トップブレードにドット(丸印)が入っただけのシンプルなものもある。

フェースミーリングはフェース面の小さな溝などの加工のことを指す。打感や転がりなどに影響を及ぼすが、これも入っているものもあれば入っていないものもある。この最後の仕上げによって、パターの印象は大きく変わってくる。

議論の末、出た結論はこうだ。サイトラインも、フェースミーリングも、両方「なし」。早川は言う。

フェースミーリングはなし。“究極のシンプル”を目指すがゆえの結論だったが、結果的に打感面にも非常に良い影響があった

「サイトラインは『ここで構えてほしい』という基準です。しかし、それがあることによってそこでしか構えられないということにもつながる。ZERO PUTTERは究極のシンプルを目指すパターですから、トウ側ヒール側どちらでも構えられ、ハンドファーストでもハンドレートでも、どんな構え方でもできる。そのほうがいいと考えました。それに実は、サイトラインがなくてもスクェアは出せます」(早川)

トップブレードとネックのクランク部分、その他いくつかの直線がしっかりと直角になっていればスクェアに構えることができる。これは、早川が長年の経験を通じて、そして今回のパター造りを通じて得た学びであった。形状でスクェアは出せるのだ。

コンセプトは決まった。エムエス製作所が誇る最新鋭の加工機が、鉄の塊をZERO PUTTERへと変えていくMU

フェースミーリングも採用しなかった。そこにこだわったのは製造するエムエス製作所の代表・迫田邦裕だ。

「弊社の機械加工は0.01ミリを追求する精度があります。その精度で加工することで、今まで見たことがないほど平滑なフェース面を実現することもできる。それによる鉄そのものの打感を、ぜひ感じていただきたい。一見そっけなく見えるかも知れませんが、無垢な『鉄の温もり』を感じられると思うんです」(迫田)

ZERO PUTTER、完成

こうして仕上げも決まった。目指すべきは究極のシンプル。迷ったときに帰ってこられる港のような、パターの原点。そのZERO PUTTERのコンセプトに、仕上げ面でもこだわった。

コンセプトは決まり、実際に鉄の塊を削り出す作業がはじまった。実際にパターを削り出し、早川と鈴木、プロゴルファーとクラブデザイナーのダブルチェックを受けての極めて細かい修正を繰り返すこと数回。そのたびにデータをイチから作り直し、数千万円する工作機械を稼働させての作業も繰り返された。データ作りを担当したエムエス製作所の東幸秀は言う。

「データを直すのはものすごく手間のかかる作業なので、本当は『できません』と言いたいところなんです(笑)。しかし、指摘を受けてデータを見直すと、たしかに直す必要が感じられるんです。最終的に、すごくいいものになりました」(東)

そしてそのときがやってくる。ZERO PUTTER、完成である。

関わったすべての人の思いを込めて、MUQU ZERO PUTTER が完成した

次週、最終回はMUQU ZERO PUTTERを詳しく紹介するとともに、プロの試打コメントも紹介。秘められた全貌が、ついに明かされる!

ゴルフポケット独占・MUQU ZERO PUTTERの詳細はコチラ↓

error: 右クリックは禁止です。サイトのコピーはおやめください。