大阪から世界へ! 町工場から生まれた「夢」のパターの正体は?

楽天市場店で全品に使える最大10%OFFクーポン配布中!詳しくはこちらから↓

大阪の町工場がその技術力を駆使してパター作りに参入。ノウハウゼロからはじめたのに、鉄の塊からたしかな技術で削り出すその独自の形状が評判を呼び、ツアープロが使うまでになった! いったい、どんなパター?

目指すのは唯一無二のパター

新興パターブランド「スクワッド」を世に出すのは大阪にあるリアライズ株式会社。本業は機械加工の技術を活かして“試作品”制作を請け負う会社だ。

つねに“ワンオフ”を作り続けてきた自分たちの技術力を世に問おうとスタートしたのが、スクワッドのパターだ。

パター1本を作るに数十時間かかるため、量産は難しい。その代わり1本1本は超精度の製品が仕上がる

リアライズ株式会社の代表・吉田武史氏はいう。

「パター作りに参入する会社の多くが、先行する人気メーカーの人気モデルをスキャンして、そっくりのモデルを作るところからスタートします。そのほうが認知度が上がるよと勧めてくれる人もいましたが、私はよそのメーカーの真似をするのがイヤでした。せっかく自分たちで自分たちのオリジナルを作るのですから、誰かの真似をしたんじゃ意味がないし、その『誰か』には永遠に勝てませんよね。6キロや7キロの鉄の塊から、20時間から30時間をかけて、わずか350グラムを削り出すのが私たちのパター作り。どうしても金額的には高くなってしまいますが、削り出しにこだわって、パターを作っています」(リアライズ代表・吉田武史さん)

リアライズ株式会社の吉田さんは自分たちのオリジナルを追求したいという

こうして“削り出しにこだわって”完成したパター、その名も「DRAG」はプロたちの間で高く評価され、口コミでじわじわと広がっている。契約外のため名前は出せないが、日本のトップレベルのツアープロもこの「DRAG」で3勝を挙げ、その性能の良さを証明している。

一体成形ならではの究極の打感。高品質な日本製素材を用いネックを含めて一体成形。重心配分にもこだわり抜いて、至高の打感を追求している

ソール後方をくりぬいた“ディフューザーデザイン”により浅重心化したことにより、高い操作性と無駄のない転がりを実現。同社独自の“ライズソール”は、グリーン上のどんな傾斜でも構えやすく、
ソールがスらないように絶妙にデザインされている。

こだわり3ツアープロの意見を取り入れた「ライズソール」と呼ばれる独自のソール形状で、どんな傾斜でも地面をスらない

そして6〜7キロの鉄塊からわずか350グラムを削り出すからこそ実現できる至高の打感……。すべてのこだわりを詰め込んだ“勝つためのパター”。大阪の町工場の夢が詰まった1本だ。

スクワッド DRAGの詳細はこちらからチェック!

error: 右クリックは禁止です。サイトのコピーはおやめください。