ゴルフダイジェスト公式通販サイト「ゴルフポケット」

プロゴルファー監修 練習器具

【諸藤将次プロ監修】「もう二度と、腕とクラブ離れません」"同調"養成器具「SHOT MAKE(ショットメイク)」

16,500円(税込)

数量

諸藤将次プロ監修
「もう二度と、腕とクラブ離れません」

"同調"養成器具「SHOT MAKE(ショットメイク)」

基本の部分を鍛え直してくれる
ツアーでも活躍する諸藤将次プロが、スウィングに悩み、それを解消するために、自身で練習器具を作ってしまった。それが「SHOT MAKE(ショットメイク)」だ!
「テークバックでどこに上げていいか悩み、スウィングを壊してしまいました。いろんな練習をしましたが、あまり上手くいかず・・・・無理やり矯正できるものもなかったので、自分で作りました」(諸藤プロ)
スウィングでもっとも大事な"超基本"の部分が身につきます!

SHOT MAKE(ショットメイク)はプロが自分の悩みを形にした練習器具


諸藤将次
この練習器具は、腕とクラブの同調を半ば"無理やり"作ってくれる。「同調ができると、スウィングのあらゆる部分がよくなる」と諸藤プロ。
「悩んだ結果、行きついたのは基本の部分でした。昔は考えなくてもできていたことですが、体が思うように動かなくなったことで、意識してやる必要が出てきたんです。 この器具をつけると、スウィングがシンプルになります。『腕とクラブが同調する→スウィング軌道が安定する→ビジネスゾーンが鍛えられる→ショットがよくなる』と、すべていい方向に向かっていくんです。 スウィングをどうしようか悩んでいる人には、目からうろこの練習器具だと思います!」

SHOT MAKE(ショットメイク)を作った人、諸藤将次プロ


諸藤将次
持ち運びも便利です
諸藤将次プロ(もろふじまさつぐ)
2011年フジサンケイクラシック優勝。過去にはドライビングディスタンス1位に輝くなど、細身でありながら飛ばし屋としても知られ、 現在はレギュラーツアー復帰を目指しスウィング改造に取り組む。
その中で「SHOT MAKE(ショットメイク)」が生まれた。
ある程度ひじに余裕が持てる設計
「脇が締め付けられると、体が硬くなった人などは、かえって逆効果になる可能性があるのですが、この練習器具は脇に"締め付け感"がなくゆとりがあるので、体の回転もスムーズに行えます」
諸藤将次

SHOT MAKE(ショットメイク)の効果


諸藤将次
腕が地面と平行のところでストップ → チューブの張りを感じたまま体を回転
同調すると軌道が安定する
諸藤将次
チューブでつながれた体とクラブが一体になるため、"勝手に"スウィング軌道が安定する
同調するとビジネスゾーンが鍛えられる
諸藤将次
軌道が安定すると、腰から腰までのビジネスゾーンの動きが鍛えられ、インパクトも安定する

SHOT MAKE(ショットメイク)でショットの達人になろう!


諸藤将次

注意チューブとシャフトを一直線にする

諸藤将次
諸藤将次
体の正面に手の位置を持ってくるとチューブとシャフトが重なる。手の位置がずれないよう注意

注意テークバックでチューブに触れない

諸藤将次
諸藤将次
クラブを上げるときどちらかの腕にチューブが当たらないように注意。当たらなければ正しく上げられる

諸藤将次
腕にチューブが当たらなければ、フェースの向きもバッチリ

注意フォローでも"張り"をキープ

諸藤将次
フォロー側もチューブが腕に当たらないこと。加えて、チューブの張りをキープしておくことで回転で打てていることが実感できる

諸藤将次プロの解説動画


「SHOT MAKE(ショットメイク)」のチューブは2種類「黄色」と短い「青色」


諸藤将次
基本的には黄色を使用。短い青色は短い練習用クラブなどに装着し、家の中でも素振りができる。

どう着けるの?
クラブと体を「カチャ」とつなぐだけ!


手順①ベルトをみぞおちにセット
諸藤将次
金具が正面に来るようにみぞおちにベルトをセット。落ちてこないようにしっかり締めよう
手順②クラブにチューブを装着
諸藤将次 リーディングエッジと向きを揃えよう
チューブをクラブに装着。「ショートアイアンで練習するのがオススメ。長いクラブは難しいです」
手順③体にくっつけて完了
諸藤将次
ベルトに付いている金具にチューブをくっつけ、装着完了。クラブと体が一体になる。

諸藤将次
正しく装着して、正しく構えるとこの写真のようになる

詳細情報

  • 商品名:SHOT MAKE(ショットメイク)
  • 内容物:本体ベルト・チューブ(黄色・青色)・専用ポーチ
  • レフティの方でもご使用いただけます。

この商品についてのレビュー
レビューを書く

レビューはまだありません