ゴルフダイジェスト公式通販サイト「ゴルフポケット」

  • 【素振りで飛距離アップ】LPロープ(吉田ロープ)
プロゴルファー監修 練習器具

【素振りで飛距離アップ】LPロープ(吉田ロープ)

8,910円(税込)

◆予約注文「5月末~6月初旬お届け予定」となります。

★予約注文のため、商品のお届けは「5月末~6月初旬」頃の予定です。
◆受注生産品につき『配送希望日』のご指定をいただいても、ご指定日にはお届けできません。

予約注文

数量
再入荷のお知らせを受け取る

ご希望の商品は現在「在庫切れ」です。
「再入荷お知らせ」機能をご利用いただくことで、 商品が再入荷した際、お知らせのメールを受信いただけます。

カートにいれる

フレー!フレー!
素振りで飛距離アップ!ヘッドが走る感覚がつかめます

吉田ロープ「LPロープ」

プロが独自開発!振れば振るほどスウィングのコツがわかる
練習器具はいろいろあれど、この素振りグッズはちょっと違う。
「そうか、プロや上級者はこんな感覚で振っていたのか!」という速く振るコツを知りたい人に絶対おすすめ。
ボールを打たないから、自宅でも練習場でもコースでも振れる。
さぁ、次はあなたが飛距離アップする番です!

手先だけでは、とても振れません
インパクトでロープがのびたらオッケー!

どう振ればロープが伸びるか
GD 飛距離アップにピッタリの素振り器具があるんですよね。
吉田 正式名称はLPロープですが、「吉田ロープ」と呼ばれています。グリップにロープが付いていて、これを振るんです。
GD どんな効果がありますか。
吉田 振ればわかりますが、とにかく手先では上手く振れないんです。 トップで"間"を作って振らないと、インパクトでロープが伸びてくれません。それと、アウトサイドインやフラットすぎる軌道で振ると、ロープが肩や腕に当たってしまいます。
GD おもしろそうですね
吉田 振っていくうちに速く振るコツがつかめると思いますよ。それと、なかなかできない"タメ"も体感できます。
素振り
インパクトでちゃんと伸びてるかな?

ちゃんと触れないとロープが体に当たる
「トップで"間"を作って、タイミングよく振らないと、インパクトでロープが伸びません。それと、正しい軌道じゃないとロープが肩や腕に当たってしまうんです。 繰り返し振っているうちに、速く振れるいいスウィング、いいテンポが自然と身に付きます」(吉田)

素振り
 右わき直撃だ~!

軌道がフラットすぎたり、アップライトすぎると、ロープが腕や肩に跳ね上がる
素振り
トップで"間"を作るのが、上手く振るポイント。アマチュアが苦手なタメも体感できる

使い方を動画でチェック!




スピードを生むのはタテの動きです。(吉田直樹)

素振り
素振り
ヘッドスピードはタテ6割、回転4割
「プロのヘッドスピードが速いのは、タテの動き、つまり地面反力をヘッドスピードに変換させているから。手だけでは速く振れないロープ素振りは、このタテの重心移動(踏み込み)をマスターするにはピッタリの練習です」(吉田)

地面反力を使う

GD 僕らが飛距離アップするには何が必要ですか。
吉田 やはりヘッドスピードを上げたいですね。そのためには、タテ方向の重心移動えをスピードに変換させたいところです。
GD 地面反力ですね。
吉田 そうです。吉田ロープは、手だけでは速く振れませんから、このタテの動きを覚えるにはピッタリなんですよ

ロープを振るほどヘッドスピードが上がります(吉田直樹)

素振り
上から下にタテの動き → シャローなヘッド軌道 → ヘッドが超加速します!
吉田ロープを速く振ろうとすると、シャローに振るコツがつかめるぞ!

シャローな軌道が身につく魔法のロープ

柔らかいロープは手先だけでは振れないため、飛ばすための体の使い方とスウィングテンポが自然と身につく。
振れば振るほど、シャローな軌道になります。

素振り
高い耐久性のエラストマーグリップ 手元部は3重ロープ 中間部は3重ロープ 先端部は4重ロープで程よい重さを感じられる

詳細情報

  • 商品名:LPロープ
  • 長さ:約100cm
  • 重量:約485グラム
  • グリップ:エラストマー製
  • 商品は細部の仕様が変更になる場合があります
吉田直樹(よしだなおき)コーチ
素振り
19781年生まれ。兵庫県出身。幼少期からアメリカで過ごし、有名コーチの指導を受けた。谷原秀人プロ、上井邦裕プロ、石川明日香プロのコーチを務める。兵庫県・芦屋で「ラ・キンタ」主宰

この商品についてのレビュー
レビューを書く

レビューはまだありません