カテゴリ
雑誌
  検索 
 
本・DVD > 書籍 > オリンピック子育て論

 商品詳細/オリンピック子育て論

オリンピック子育て論

【著者】
吉松俊一&吉松俊紀
【発売】
2020年1月30日
【判型】
A5判
【頁数】
168ページ
【ISBN】
978-4-7728-4184-9

1,320 円(税込)

◆送料無料

数量

内容紹介

プロ野球選手やオリンピック選手を
50年以上診てきたスポーツドクターが教える
「スポーツをすればするほど頭がよくなる子育て論」

2020年、オリンピックの年、世界のスポーツが身近になる。
活躍する選手に憧れ、そのスポーツを始めてみたいと思う子どもたちが増えるだろう。しかし。

「どのスポーツをいつ始めたらいいか?」
「スポーツはひとつだけすればいいの?」
「スポーツばかりしていて、勉強は大丈夫?」

など、親子ともども多くの悩みを抱えるはず。そんな悩みに答えるのが「オリンピック子育て論」。

スポーツをすればするほど頭がよくなる理由もよくわかる一冊だ!

目次

はじめに
【Chapter 1】スポーツが「頭のいい子」を育てる
   …運動すると頭がよくなる理由
・オリンピック選手は頭がいい
・大脳は遊びやスポーツで活性化される
・「頭がいい」とは「大脳の働きがいい」こと
コラム スポーツで頭がよくなる脳のしくみ
・スポーツはすればするほど頭がよくなる
・運動している子としていない子の学力の差
・スポーツが育む4つの力
・子供の才能を開花させる「脳のアイドリング」
・「体を動かす」を幼児教育に取り入れたヨコミネ式    ほか
【Chapter 2】オリンピックはココロとカラダを鍛える
   …脳の発達に合わせて、カラダを動かす
コラム スポーツはいつから始めたらいいの?
・脳の発達には4段階ある
・マット運動は3歳から始められる英才教育
・体を効率よく鍛える相撲は5歳までに
・卓球とバドミントンは6歳から
・バスケやバレーボールは小学校低学年から
・10歳までに足が速くなる「3歩ダッシュ」
・5歳からできる「眼を閉じる足踏みトレ」
・音による手上げ運動に神経のスピードアップ
・疲れやすい子はボルダリング
・頭の回転をよくする反復練習
・協調性が足りない子には、個人競技がいい
・ピンチこそ、頭がよくなる大チャンス    ほか
【Chapter 3】リビングでできるオリンピック教育
   …実は天才を育てる宝島
・一畳二畳のスペースで、オリンピック選手は育つ
・子どもは「遊び」の天才である
・達成感を刺激する目標設定
・小学生が宗谷岬から佐多岬まで走った!
・大谷翔平と青学の「目標管理シート」
・食う、寝る、遊ぶは賢い子育ての基本中の基本
・笑顔の素敵な子供に育てたい
・頭のいい子を育てるための父母や祖父母の力    ほか
【ふろく】頭がよくなるマット運動
   モデル・鶴見虹子(北京&ロンドン五輪出場、全日本6連覇)
・前転、後転
・かえるジャンプ
・逆立ち
・足ジャンプ
・おいもころころ
・ケンケン、片足立ち
【Chapter 4】吉松式 子どものカラダの作り方
   …ケガしない簡単トレーニング
・子どもとウェイトトレーニング
・どの年代にも通じるトレーニングの原則
・腰の強化と腰痛予防
コラム 吉松式パワーバンドトレーニング
ひとつの競技か複数の競技か         ほか
あとがき

著者プロフィール

吉松俊一(よしまつ・しゅんいち)

86歳。慈恵医科大学福岡県出身。長野寿光会上山田病院スポーツ整形外科勤務。長嶋茂雄、王貞治ら日本プロ野球セ・パ両リーグチームドクターとして活躍。

吉松俊紀(よしまつ・としのり)

49歳。日本大学医学部整形外科スポーツ医学研究班出身。長野寿光会上山田病院スポーツ整形外科勤務。「five finger」のシューズがトレードマークの整形外科医師で、身体の使い方とパフォーマンス向上を日々追求している。

詳細情報

タイトル/頭がよくなる運動教室 オリンピック子育て論
著者/吉松俊一&吉松俊紀
発売日/2020年1月30日
判型/A5判
ページ数/165ページ
定価/本体1200円+税
ISBNコード/978-4-7728-4184-9

■送料:無料
※代金引換でご注文の場合は別途、代引手数料330円(税込)をご負担ください。
※複数商品ご注文の場合の送料についてはコチラをご参照ください。

ネット書店のご案内

ゴルフダイジェストの書籍はamazon、楽天ブックス、hontoなどの各ネット書店でもご購入できます ⇒こちら

最近チェックした商品

あなたにおすすめの商品