カテゴリ
雑誌
最新情報
  検索 
本・DVD > 書籍 > アメリカのゴルフ 日本のゴルフ

 商品詳細/アメリカのゴルフ 日本のゴルフ

アメリカのゴルフ 日本のゴルフ

【著者】
正木邦彦
【発売】
2019年9月2日
【判型】
四六判
【頁数】
192ページ
【ISBN】
978-4-7728-4183-2

1,320

数量

内容紹介

ゴルフ歴50年。アメリカ生活の長い著者が
アメリカと日本のゴルフを比較し、
双方のゴルフの良い点、悪い点などをまとめた一冊。

「ナイスショット」は和製英語でアメリカでは「グッドボール」、
「ナイスパット」も和製英語でアメリカでは「グッドスピード」、
「ティグラウンド」は「ティボックス」などなど、
ゴルフ用語の違いはもちろん、日米の文化の差異までが見えてくる。

アメリカの名門コース、一度はプレーしたいコースなどの紹介もあるので、
これからアメリカでプレーしてみたいというゴルファーにもおすすめだ。

目次

第1章 アメリカのゴルフ場のメンバーシップの仕組
・年会費方式で、会員の家族はみなタダでラウンド
・なぜアメリカには、有名なパブリックコースが多数あるのか
・冠に「TPC」の付くコースは何?
・PGAのプレーヤーの出身大学が話題になる理由は?
第2章 アメリカのゴルフ場の特徴
・造成理由から見たアメリカのコース
・伝統的なゴルフ場
・有名なリゾート地に集中
・コミュニティの集会場として
第3章 コース設計
・ニクラスの設計方針
・歴史的に見ると
・良いコースとは? 私観
・私がプレーした面白いコース
・私の好きなコース
第4章 技術的論考
・歴史的な流れ
・技術論の要約
・崩れた神話
第5章 道具の進化と弾道の変化
・ドライバー
・アイアン
・パター
・ボール
第6章 プロアマ大会に出場
PGAビュイック・オープン
・LPGAオーウェンス・コーニング
・トヨタ身障者チャリティーゴルフ
・ソーンブレード・クラシック
・リゾートトラスト・レディス
第7章 アメリカでラウンドする場合には
・キャディ
・カート
・昼食
・茶店
・チップ
・レインチェック
第8章 ゴルフ用語の日米差
・通じない日本語
・アメリカでよく聞く言葉
・その他、覚えていると役に立つ英語

著者プロフィール

正木邦彦(まさき・くにひこ)

1940年、岐阜県生まれ。名古屋大学航空学科を卒業後、トヨタ自動車に入社。ニューヨークで3年、デトロイトで10年間、駐在。リタイヤ後に6年間、名古屋外国語大学で「トヨタウェイ」を講義。ゴルフ歴は約半世紀。主な著書に「デトロイトでカムリを開発」(幻冬舎)、「アメリカ駐在奮闘記」(幻冬舎)、「私の旅行記」(文芸社)などがある。

詳細情報

タイトル/アメリカのゴルフ 日本のゴルフ
著者/正木邦彦
発売日/2019年9月2日
判型/四六判
ページ数/192ページ
定価/本体1200円+税
ISBNコード/978-4-7728-4183-2

■送料:770円(税込)
※代金引換でご注文の場合は別途、代引手数料324円(税込)をご負担ください。
※複数商品ご注文の場合の送料についてはコチラをご参照ください。

ネット書店のご案内

ゴルフダイジェストの書籍はamazon、楽天ブックス、hontoなどの各ネット書店でもご購入できます ⇒こちら

最近チェックした商品

あなたにおすすめの商品